加工の話 念珠パーツ

| トラックバック(0)

こんにちは。

 

相変わらず暑い日々が続いております。

社内事務所のエアコン設定温度は22度なのですが、私のデスクの温度計は33.5度になっています、、、

今16:30位です。

昼だと毎日35度超えています。

 

工場にはエアコンが無いので(壊れたまま修理されず、、、)もっと熱いです。

冷却用の水が、お湯になっています、、、

 

工場から事務所のデスクに戻ると35度超えていても涼しく感じます。

 

山梨は何日か、日本最高気温をたたき出しました。

毎日うんざりですが、最近では全国1位にならないとがっかりな気分になります。

 

 

さて、お盆シーズンだったので念珠の加工をご紹介します。

 

以前組み直しをご紹介したので、今回は石の加工を。

 

パソコンが壊れてデータが紛失、もしくは迷子状態なので軽くご紹介程度です。

 

水晶のクラスターをお預かりしました。

 QRZ1.gif

QRZ2.gif

引っ越しの際に衝撃が加わったらしく、彼方此方ボロボロと崩れてしまい、このままでは飾っておくのが危険なので何かに加工したいとの事でした。

 

ストラップや根付、ビーズ等のご希望が有りましたが、最終的に念珠になりました。

 

主玉、天玉、親玉は多少インクルージョンやクラックが入っていても大丈夫ですが、ボサは房を組む時に力がかかるので、割れない様にできるだけ無傷の部分が必要になります。

 

今回は無傷で加工出来そうなポイントが有ったので、ボサの作成が可能でした。

 

ほとんどが小さいポイントだったので、2個のクラスターのそれぞれ一番大きなポイントを使い、親玉とボサを作成しました。

 

クラスターを切断し、使うポイントを切り出し。

 QRZ3.jpg

QRZ4.jpg

親玉

仕上がりサイズの2ミリ程度大きなサイズのブロック状に小割。

 QRZ6.jpg

ガードリングの機材を使って荒磨り。

この時点でほぼ球体になります。

 QRZ7.jpg

この後整えて磨き、穴をあけて完成。

ざっくり過ぎた説明ですみません。

 

親玉、ボサがくっついているような写真ですが、別々のパーツです。

男性用なので親玉15ミリ、ボサ8X10ミリです。

 QRZ8.jpg

念珠に組んで完成。

主玉(アメジスト)と天玉は当社の在庫を使用。

 QRZ9.jpg

男性用組み房、房の色は京紫です。

伸ばすと長いです。

 QRZ10.jpg

ご希望で桐箱に入れて納品。

 QRZ11.jpg

お子様の今後の健やかな成長を願い、お守り代わりの念珠製作となりました。

 

ご両親の愛情の詰まった念珠、製作に加えていただきありがとうございました。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://housekikenma.co.jp/mt/mt-tb.cgi/64

このブログ記事について

このページは、chisaが2013年8月22日 17:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「加工の話 貫通穴」です。

次のブログ記事は「加工の話 ムーンストーン・ルチルクォーツ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7