1. トップ>
  2. 工場見学>
  3. カット加工

工場見学

カット加工

宝石というと、大概の方がこのカット石を頭に浮かべると思います。カット技術は平面と平面を繋ぎ合せ、そのカット面数と角度により光が屈折、反射、拡散をして宝石をより綺麗に見せる事ができる非常に高度な技術です。
当然、カットの形状や光の反射を高度に計算した面数等により(手を加えれば加える程)、光が反射して綺麗な宝石になるのです。
そのカット面を加工するのに、ファセッターと呼ばれる道具を使いカット面の角度を決めていくものと、職人の経験と手の感覚で一面一面カット面を決めていく‘手ずり’という方法の二つに分けられます。
その角度、面数を決めてより宝石を美しくカットするのは、長年の経験が必要になります。

ファセッターによるカット加工

ファセッターによるカット加工

手ずりによるカット付け

手ずりによるカット付け

上に戻る
工場見学へ戻る